ミリオンゴッドマニアックス

データグラフに基づいたパチスロ攻略や、狙い目回転数からのパチンコ・ハイエナ方法の有力情報や実践結果まとめ

リゼロ

【リゼロスロット】(ハイエナ)実戦上白鯨撃破⇒AT突入成功確率の高かった直前データグラフの挙動まとめ

投稿日:

まいど!
じいさんのメット(@milliongod_net)です。

今回は、これまでのハイエナ実戦で白鯨撃破⇒AT突入の確率の高かった直前データグラフの挙動について、情報共有させていただきたいと思います!

うむ。よろしく頼む。
ゼウスじいさん

 

リゼロスロットハイエナ成功データグラフパターン

 
リゼロは、出玉速度の速く、基本的には何時からでも1発勝負の出来る機種だと思います。(まぁでも、閉店1時間20分前くらいまでの打ち始めが限度だと思いますが。。。)

設定も関係あるとは思いますが、打ち始めて、最初の白鯨攻略戦に勝ってATに突入させることができれば、ほとんどの場合、差枚数的に勝って終わることができるのではないかと思います。

ですので、昼以降からのハイエナ実戦では、次の白鯨攻略戦を勝利できる確率の高い台を打って、ATに突入させ、あまり深追いせず、プラス差枚数領域で勝ち逃げするパターンが良いと思います。

 
参考に↓にハイエナ実戦で白鯨撃破の成功データグラフ例を書いておきます。

 

リゼロスロットハイエナ成功データグラフパターン例①

  • 540G 白鯨敗戦

その後、打ち始め開始で、500G前半で白鯨撃破、AT突入、出玉1000枚

 

リゼロスロットハイエナ成功データグラフパターン例②

  • 540G 白鯨敗戦
  • 680G 白鯨敗戦

その後、打ち始め開始で、200G前半で白鯨撃破、AT突入、出玉2400枚

 

リゼロスロットハイエナ成功データグラフパターン例③

  • 680G 白鯨敗戦

その後、打ち始め開始で、680Gで白鯨撃破、AT突入、出玉2400枚

 

その他のハイエナ成功狙い目例①(朝一プラスの台)

その日、2回目のATを狙う場合は、朝一プラスの台を選ぶ。

狙うタイミングは、4つあると思います。

  1. AT直後、1回目の白鯨。
  2. 出玉グラフ0付近までハマった時の白鯨。(差枚数ゼロ)
  3. 出玉0くらいまでハマった時の白鯨。(持ちメダルゼロ)
  4. 出玉-1400枚くらいまでハマった時の白鯨。(倍ハマリ)

↑の4つタイミングのいずれかの白鯨攻略戦で、その日、2度目のATに突入する事が多いと思います。

 

その他のハイエナ成功狙い目例②(朝一マイナスの台)

朝一マイナス(低設定?)の一撃を狙う場合(ほぼA天井での勝負になります。。。)

  1. -1500枚付近で下げ止まっている台の通常累計3000G付近での白鯨。
  2. ATに1度入っていて、通常累計5000G付近での白鯨。
  3. ATに2度入っていて、通常累計7000G付近での白鯨。

↑の3つタイミングのいずれかの白鯨攻略戦で、ATに突入する事が多いと思います。(ATに突入すれば、1200枚以上の出玉を期待できます。←実戦上)

※低設定の場合、平気で5000G間AT無しなどもありえるので、深追いは厳禁です。

※ATに1度も入ってない台はNG。

 

まとめ

 
今回は、【リゼロスロット】(ハイエナ)実戦上白鯨撃破⇒AT突入成功確率の高かった直前データグラフの挙動まとめ、ということで記事を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 
一発勝負といっても、白鯨敗戦までG数を消化するとなると、そこそこの投資金額になってしまうと思います。経験に基づいて、データクラフを見て吟味すれば、白鯨を撃破できる確率の高そうな台をGETできるチャンスは沢山あると思いますので、台選びのタイミングで迷った場合には、一度今回共有させていただいた情報を思い出してもらえればと思います。

 
※ただ、ホールの稼働状況や設定投入状況によって、今回のデータグラフ情報が当てはまらない場合もあるかもしれませんので、事前に今回のパターンでの白鯨撃破があるのかどうなのか確認されてから、実戦されることをおすすめします。

 
 
 
 
 

 
それじゃ、今回はこのへんで!

ENJOYスロットライフ!(`∇´)b

-リゼロ
-, ,

Copyright© ミリオンゴッドマニアックス , 2020 All Rights Reserved.